「週末・森のようちえんin富士見町」とは

富士見町で活動する野外保育施設「森のいえ ぽっち」のスタッフによるナビゲートのもと、富士見の自然の中で子どもたちに自由な遊びを楽しんでもらいながら過ごす、1泊2日の野外保育ツアー。

1日目はこども組とおとな組に分かれ、それぞれが別々に自然を満喫してもらいます。

こども組は「ぽっち」スタッフと一緒に高原の湿原で野遊び。おとな組は、八ヶ岳で活躍する石川高明さん(長野県信州登山案内人)によるナビゲートのもと、富士見の名峰である入笠山をお手軽ハイキング。

お子様の様子は、専属カメラマン撮影による夕方のふりかえり会でご覧いただくことができます。

2日目は、「森のようちえん・ぽっち」のフィールドへ移動し、親子で森の中での遊びを堪能します。

お子様の普段見ることのできない様子や成長を、ぜひ感じてみてください。

「森のいえ ぽっち」について

富士見町の豊かで多様な自然環境を活かし、四季を通じて野外で過ごす野外保育園(信州やまほいく特化型認定園)です。

自然の中で、子ども一人ひとりのそのまんまを受け止め、ゆったりとした保育を行うことで、どう遊ぶかどう過ごすかを、子どもが自分で考え自分で選び自分で決める機会を大事にしています。自然も子どもも同じものはありません。

晴れの日も雨の日も雪の日も、子どもたちは自然の中で過ごします。子どもたちが自然と出会うとき、それはいつも新しい発見の連続です。多くの様々な命との出会い、四季折々の自然の変化、また人間の力の及ばない自然の脅威、全ての体験が、子どもたちの感性や知的好奇心を刺激し、主体的で感性豊かな子どもを育みます。

森のオフィス Living

富士見町のコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」の敷地内に新しくオープンする宿泊棟。

シングルベッド2つを備えた部屋が2部屋。2段ベッドを備えたドミトリータイプの部屋が2部屋。そして中央には広々とした共有リビングを備えた同施設は、都心からの移住希望者のお試し滞在、企業研修のほか、地元の方やコワーキングスペースの利用者による交流拠点など、様々な用途で滞在することが可能です。

※同体験ツアーでは、相部屋となる可能性がございます。